Close icon
ログインする
閉じるアイコン

名無しさん

よみもの

特別企画

2021.11.30

MANARA with編集部

2021.11.30

MANARA with編集部

素敵なあの人を訪ねて 第1回 斉藤 由美子様

マナラビューティー 素敵なあの人を訪ねて 第1回 

マナラビューティー編集部の水野那菜です!

マナラは女性の社会進出・活躍を応援しています。

そこで今回は、人材育成・プロコーチ&キャリアコンサルタントとして活躍中の斉藤様にインタビューしました。

(株)リクルートマネジメントソリューションズで産休復帰の第1号に

私が子どもを産んだ約30年前は、「時短勤務」制度がなかったんです。

そのため当時の社長は私に「9時17時勤務」という枠をつくってくれました。

しかし、この時間の中では、私のやりたかったマネージャー職ができないことを告げられて…。

せっかく復帰したのにショックでした。けれど、この経験があったからこそ、

「自分がやりたい仕事をしたい」という思いが強くなり、「何時まで働いたらマネージャー職に戻れますか!?」

と社長に直談判したのです。

産休復帰自体初めてだったのに、復帰後半年でマネージャー職に戻るという異例の「子育て復職マネージャー第1号」となりました。

仕事を辞める選択肢はなかった

そんな時代でしたから、女性は結婚して子どもを産んだら家にいるのが当たり前でした。

「なんでそんなに頑張るの?」って思いますよね?

それは私が本当に仕事が大好きだから!子どもが産まれると、「●●くんのママ」って呼ばれますよね?

だけど、私自身は「● ●くんのママ」じゃなくて、仕事をすることで「たった1人の」でいたかったのです。

「じゃあ子育てはどうしていたの?」と思われますよね(笑)

私の場合、義理の両親とチームを組んで役割分担しながら、子どものお迎えを助けてもらっていました。

「1週間に1回は絶対に私がお迎えに行く!」という条件でね(笑)

1人で抱え込まず、頼れることって大切だと思っています。


離婚、リーマンショック…。人生のどん底に

その後次男を授かり、復職したあとに離婚を経験しました。

今思えば、人生のどん底だったんじゃないかなと思います。

しかも、リーマンショックが起こり、

大事なチームメンバーを何人も自分の手で解雇しなければならない状況に。

目の前が真っ暗になっていきました。

それが転機となり8年前、独立して起業したのです。

「シングルマザーの私だからできる人材育成」を目指し、第2のキャリア人生がスタートしました。

上司との関係に悩んでいた息子

現在、私は女性のキャリアをを応援する仕事をしています。

女性が自立し、自分の得意分野で輝くことがこれからの生き方だと感じ、そのお手伝いをしています。

これまでいろいろなことがありましたが、あっという間に子育てもひと段落して、

長男は27歳になりました。しかし、彼がまだ新入社員だった頃、寝室からうなり声が聞こえてきたのです。

声をかけると、「上司が、夢でも叱ってくるんだ…。」と言うではありませんか。

人材の仕事をしていた私は、そんな息子と同じように苦しんでいる人のために3年がかりで、本を出版しました。

私ができることは、「道の数を見せること」。その中の道の1つが誰かのきっかけになってくれたらいいなと思っています。


モットーは
「大変なことをおもしろがる」

 2人の子どもがいて、シングルマザーで、仕事を辞めて…なんて言ったら「大変そう」と思われるかもしれません。

だけど、私「つらい」とか「逃げ出したい」って思ったことがないんです。

だって神様は私に乗り越えられる試練しか与えないから。

大変なときは「神様は今、私にこうしてほしいのかも!」と、おもしろがるようにしています。

私はラクな人生を選ばない。だって、〝ラク〞ってつまらないから!

せっかくなら「自分の人生って最高におもしろい!」って胸を張って言いたいものね。

インタビューを終えて

斉藤様のお話が楽しくてあっという間に時間が経ちました!

撮影では、お肌が本当にお綺麗で、ヘアメイクさんも「57歳のお肌じゃないです!」と大絶賛!

斉藤様素敵なお話をありがとうございました。


斉藤様の大好きなマナラ製品〈ホットクレンジングゲルマッサージプラス〉はこちら


よみもの注目ランキング